ホスピピュア 授乳中

ホスピピュアは授乳中に使うと危険!?子供への影響は?

ホスピピュアは授乳期には使用を控えるべき?

 

肌の黒ずみのケアをしていくホスピピュアには天然成分が配合されていますし、更には無添加処方です。

 

なので肌に優しくケアをしていけます。

 

ホスピピュア 授乳

 

 

『それなら授乳中の期間に乳首にも使用して問題はないの?』

 

皆さんはこのような事が頭をよぎるのではないでしょうか。

 

 

実はこうした期間となると使用に関して注意しなければいけません。

 

 

ホスピピュアは授乳中に使えるかについて

 

この商品は顔やその他部位にも使用出来ます。

 

ですが授乳中は乳首に関しては使用はお控えください。

 

 

というのも、いくら肌に安全な天然成分を配合しているホスピピュアでも、口に含む前提で作っていません。

 

授乳中の乳首ととなると、お子さんが口を付ける箇所です。

 

 

『じゃぁシャワー等で洗うか、もしくは拭くかすれば大丈夫?』

 

出来ればそれも控えてください・・・

 

ホスピピュア 授乳

 

拭くというだけでは十分ではないですが、確かに洗ってしまえば問題はないかもしれません。

 

しかしそんな毎日を続けていては、絶対につい洗い忘れる%がきます。

 

 

やはりここはお子さんの体の安全を最優先して、授乳中のホスピピュアでの乳首のケアだけは控えましょう。

 

それ以外の部位ならケアしていけるので、授乳期が過ぎてから乳首のケアをする事をお勧めします。

 

 

ホスピピュアは授乳中に使用は控えた方が良いその他の理由

 

乳首の黒ずみや顔のシミ等はメラニン色素が過剰に生成され、肌に沈着している状態です。

 

そしてそのメラニン色素の過剰生成は肌への刺激がそもそもの原因となっています。

 

 

これは主に紫外線や下着が肌に擦れる事が刺激になるのですが、お子さんが母乳を飲む際乳首に口をつけますよね。

 

実はこれも一つの刺激となっているのです・・・

 

 

授乳中の期間は仮にホスピピュアでケアをしても、あまり意味のないものとなってしまいます。

 

というのも、乳首が刺激を受けてしまい、黒ずみの原因のメラニン色素が過剰生成される可能性があるからです。

 

それなら授乳期が過ぎてから毎日しっかりケアを続けた方がよっぽど良いです。

 

 

ホスピピュア・授乳期に使用に関しての問題まとめ

 

・乳首に関してはお子さんが口を付ける箇所なので、授乳期だけはホスピピュアでの乳首のケアは避けましょう。

 

・授乳期でも乳首以外なら肌の黒ずみケアはしていけます。

 

 

ホスピピュアは最初にお伝えした通り肌に安全なものですが、決して口に含む前提では作っていません。

 

なので授乳期に関してはお子さんの安全を最優先し、授乳期が過ぎてからホスピピュアで乳首のケアをしてください。

 

 

オススメ記事

 

ホスピピュアの全てが書かれたトップページ

 

ホスピピュアの効果※画像あり※

 

ホスピピュアのお試しについて

 

ホスピピュアとホワイトラグジュアリーを比較した結果

 

ホスピピュアとピューレパールを比較した結果


ピューレパール